お知らせ

【8月18日 18:00~】第9回の信越県境地域づくり交流会をサテライト配信いたします。

弊社代表の井口が実行委員長を務める信越県境地域づくり交流会は信越県県境地域づくり交流会では信越自然郷(信越9市町村広域観光連携会議)、上越市創造行政研究所と雪国観光圏がタッグを組んで長野県と新潟県の県境を挟むエリアに注目し、広域や異業種による様々な地域づくりの学びと交流を深めるセミナーを開催してきました。2016年から開催し、今回で9回目を迎えます。

今回は「地域づくりとプラットフォーム」と第して、イノベーションを起こす場作りについて3✕3Lab Futureの田口真司さんをお招きしてのセミナーを開催いたします。 オンラインでのセミナーとなっておりますが、南魚沼のサテライト会場としてryugonの別邸安穏亭を会場として提供させていただきました。ぜひご興味がある方はぜひご参加いただけたらと思います。

【第1回 開催日時】
令和2年8月18日(火)18:00~19:30
講師:田口 真司さん
   (3×3Lab future、東京都千代田区)
※講師はオンラインによる出演を予定しています。
【参加方法】
サテライト会場にお越しいただくか、後日オンラインで録画配信をご覧ください。
① サテライト会場(会場のスクリーンを通じて、聴講や質疑応答ができます)
●上越会場:上越教育大学
   講義棟2F講201教室(上越市山屋敷町1)
   [定員50名]
●南魚沼会場:ryugon(旧:温泉御宿龍言)
   別邸安穏亭(新潟県南魚沼市坂戸1-6)
   [定員20名]
●飯山会場:飯山駅観光交流センター2F
   パノラマテラス(長野県飯山市飯山772-6)
   [定員15名]
② オンライン配信
後日、セミナーの様子をオンラインで録画配信します。接続方法は、セミナー終了後に申込者限定でお知らせします。
【参加費】無料 
(オンライン配信の通信費は自己負担です。)
【申込方法】
信越県境地域づくり交流会ホームページの申し込みフォーム(https://www.hashicore-shinetsu.jp/app)より必要事項を記載してお申し込みください。
申込期限:令和2年8月18日


【講師紹介】
田口 真司(たぐち しんじ)さん 
3×3Lab future(さんさんらぼフューチャー)

1972年生まれ、岐阜県出身。横浜国立大学工学部電子工学科卒業。
2010年3月にワールドカフェによる対話会を開始。企業で働く人や学生、NPO、主婦などあらゆる属性の人たちを集め、毎月テーマを変えたイベントを主催。
2011年12月、「企業間フューチャーセンター有限責任事業組合(LLP)」を設立。未来の社会について対話し、新たな価値創造に向けた活動を実施。2013年2月から現職。丸の内をオープンイノベーションの街にすべく、3×3Lab Futureの運営業務を通じ、社会的ビジネス創出に向け活動中。

3×3 Lab Future(さんさんらぼフューチャー)は、「大丸有サステイナブルビジョン」の実現に向け、より良いまちづくりや社会課題の解決を目指す「エコッツェリア協会」が運営。3×3 Lab Futureは、サステイナビリティの3要素「経済」「社会」「環境」がギアのごとく噛み合い、さらに自宅でも会社でもない第3の場所「サードプレイス」として業種業態の垣根を越えた交流・活動拠点として、次世代のサステイナブルな社会の実現に寄与する場所を意味する。 
日本を牽引するオフィス街である大丸有(大手町・丸の内・有楽町)地区には、多くの記憶や知識情報が集積し、日本の交通のハブとしてのインフラが存在。これらの資源を活かしながら創造性の高いコミュニティを形成し、未来につなぐビジネスを創発していく。

海外の取組にも学びつつ、東京・大手町に活動拠点をおき、地方とのお付き合いも多い田口さん。プラットホームについての豊富な知識や大手町での活動内容も魅力的ですが、東京の中心から見える地方都市の景色や、都市と地方の関係について思うところなどなど、語っていただきたいと思います。


信越県境地域づくり交流会について
https://www.hashicore-shinetsu.jp/

News

Reservation

  • 5月1日(金)より予約サイトをリニューアル致しました。
  • 4月30日(木)以前にご予約頂いたお客様はご予約内容、変更、キャンセルは電話またはメールにて直接お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。