過ごし方で選ぶ

地域の暮らしや文化に触れる 

旅をするなら、雪国の「ひと」と出会いたい。その人たちの暮らしや文化、食事のありのままを知り、味わいたい。
旅先での日常を、ガイドと一緒に体験してみませんか。地域を一歩深堀りする旅をしたい方におすすめです。
1.まちぶら散歩で、出会う。

ryugonチェックイン前の時間にちょっと六日町の街並みを散歩してみたいと思い商店街へ。
ぶらぶらと歩いていると、橋を渡ってすぐのところに「金城酒販」という酒屋さんがあります。店主の南雲さんはお話好きのお母さん。試飲をさせてくれて、気に入ったお酒は購入することもできます。商店街を歩き始めると昔ながらの漬物屋さんが見えてきます。八海山の酒粕を使った「山家漬」をお土産に。ついつい、ここでしか出会えないものを手に取ってしまいます。ちょっとそこまでの散歩が、この地域を知る学びの散歩になるかもしれません。
2.果実酒を手づくりする。

瓶にフルーツ、お砂糖、お酒を自分好みに詰めて。どこか懐かしい果実酒を手づくりしませんか。
時期ごとに手に入る旬の果実を漬け込んで、長く楽しめるように保存できる果実酒。田舎の台所には時期に合わせて仕込んだ果実酒の瓶が鮮やかに並んでいます。そんな昔から受け継がれる家庭の手仕事を、ご滞在中に気軽に体験することができます。
果実酒が飲み頃になるには数か月かかります。旅行の思い出が詰まったタイムカプセルのような手土産です。
完成したお酒で晩酌をする日を思い浮かべて、手づくりを楽しんでいただければと思います。
ryugonのバーラウンジにも手づくりの果実酒が並んでいます。季節ごとに採れる果実や、山菜を使ったものも。この地域に暮らすスタッフが丁寧に手づくりしたもので、土地の風土が感じられます。ご夕食の前や、夜長のカクテルタイムにぜひお試しくださいませ。
3.雪国ガストロノミーを、味わう。

郷土料理の調理法や暮らしの知恵を生かした「雪国ガストロノミー」コース。
一皿一皿に、雪国で育まれた食文化が織り込まれています。
この地に住むスタッフから雪国の日常や料理の思い出を聞くのも旅のスパイスになるかもしれません!
食材と同じ雪国の大地で醸される日本酒は、辛口淡麗で風味豊か。ぜひ1杯ずつ飲み比べて、魚沼の地酒を旅してください。お料理に合わせたドリンクペアリングもぜひお試しくださいませ。

コース料理はryugonでディナーとして、または姉妹宿レストラン「むらんごっつぉ」でランチタイムにご用意することができます。
お昼頃に越後湯沢駅に到着してまもなく乾杯して、少し贅沢なランチをお楽しみください。旅がいつもより早く始まったような特別感があります。
デザートと珈琲までゆっくり味わったあとは、バスでryugonまで送迎いたします。
夜は軽めのお食事で晩酌されるのもおすすめです。長い夜をお過ごしくださいませ。
4.土間クッキング

旅の終わりに、この地域の郷土料理を実際に自分たちで作れる「土間クッキング」を体験。
地元のお母さんに教えてもらいながら、お昼ご飯のけんちん汁を一緒に作ります。
野菜をざくざく切って、釜戸でお鍋をぐつぐつかき混ぜる。旅先で台所に立つなんてとても新鮮です。横に並び、手先を真似していると、せっせと働くお母さんの日常が見えてきます。釜戸から湯気が立ち込めて、美味しそうな香りが広がります。出来上がったらごはんをよそって、みんなでいただきます。
旅先で料理を作って、食べる。みんなでつくった料理や、暮らしの小話、笑い声。それはおなかも心も満たされるごちそうです!
旅に、人との出会いや新しい発見を求める人にオススメ

地元の人と交流することで、雪国の暮らしに触れる。異日常を体験して自分の生活を振り返る。
旅を一つの学びの場として、自分の知見を広げたいと思っている人にオススメしたい過ごし方です。

1.まちぶら散歩で、出会う。

14:00ryugon到着
14:15チェックイン前に商店街へ散策
14:30金城酒販
この地域の人々に愛された八海山のお酒に出会う。
15:00今成漬物店
酒粕漬けの『山家漬』を旅のお土産に。
16:00商店街をぶらりと巡ってryugonへ

2. 果実酒づくりで田舎の手仕事に触れる1泊2日の旅

【1日目】
14:00*趣ある土間で果実酒づくり 田舎の手仕事を体験する
(果実酒体験のお時間は14:00~ または 20:00~からお選びいただけます)
15:00チェックイン 
17:00ご夕食前のアペリティフ バーラウンジで地酒や自家製梅酒を1杯
17:30夕食
20:00*バーラウンジで果実酒づくり
21:00食後のカクテルタイム ryugon自家製の果実や山菜などを使った雪国のカクテルをご賞味ください(1杯550円~)
【2日目】
9:00 ラウンジのパティスリーで軽めの朝食を
10:00 温泉やお部屋でのんびり
12:00 チェックアウト

3. 地酒とペアリングするフルコースで雪国を味わう1泊2日の旅

【1日目】
13:00越後湯沢に到着 むらんごっつぉでドリンクペアリング付きランチ 
お昼からのんびりフルコースを地酒と合わせて味わう
*むらんごっつぉは姉妹宿HATAGO井仙2階のレストランです
15:15送迎バスでryugonへ出発
*送迎バスは事前予約制です
16:00チェックイン 
19:00魚沼イタリアンのお重と新潟のワインで晩酌

*ご夕食のオプションはいずれも予約制でございます
(ルームサービスの軽食メニューは当日ご注文いただけます)
*軽めのお重料理は和食と洋食をお選びいただけます
*ご夕食のフルコースは17:30~ または 19:30~の2部制でございます
21:00雪国のカクテルタイム バーラウンジで自家製リキュールや地焼酎を味わう
【2日目】
9:00温泉ですっきりしてから遅めの朝食を
12:00チェックアウト
六日町商店街を散策してから上越線で越後湯沢へ
金城酒販で昨日お気に入りだった八海山を探す

*11:00 ryugon発越後湯沢行の送迎バスもご予約いただけます

4.土間クッキングでこの地域の食を楽しむ1泊2日の旅

【1日目】
15:00 チェックイン
17:30夕食
雪国ガストロノミーでこの地域の食を堪能
21:00 ryugon bar
ここでしか味わえない果実酒を楽しむ
【2日目】
8:30バーでパティスリーを楽しむ
お昼にたくさんご飯を食べたいから朝は抑えめで。
11:30  土間クッキング 
地元のお母さんと料理作り体験。かまどで炊き上げたご飯と保存の知恵を使った料理を味わう。
13:00温泉入浴 
デイタイムラウンジサービスでチェックアウト後も温泉を楽しむ。

Reservation

  • お部屋のご指定はできかねます。お部屋指定の場合は別途2,200円かかります。
    ご希望の方はお問合せメールにてお申し込みください。