過ごし方で選ぶ

心と体を整える

目まぐるしく変化する日常を駆け抜けるあなたへ。
気づけばがんばることが当たり前になっていく。でも、たまに肩の力を抜いて素顔のままでいたい。
そんな時は少し立ち止まって、一息ついて、深呼吸する旅に出ませんか。
雪国で自分の心と向き合い、身体をほぐす過ごし方をご提案します。
1. お寺を訪ねて、深呼吸する。



山と田んぼが広がる南魚沼。見渡す限りの鮮やかな緑に心が躍ります。
チェックイン前に荷物を預けたら、自然を肌で感じに自転車の旅へ出発しましょう。

田んぼのあいだを風を切るように進めば、見渡すと美しく連なる山や、道端にはかわいらしい野花が。
自然を肌で感じながら、涼しい林道を駆け抜けると「雲洞庵」に到着します。


雲洞庵は住宅街から離れた山麓に佇む寺院です。静寂に包まれた境内から聞こえるのは、風に木々が揺れる音と、鳥の声だけ。美しい苔や、お経が記された石畳、そして歴史を感じる神秘的な本堂も見学することができます。
澄んだ空気を大きく吸い込むと、体も気持ちもすっきり。
その空間に溶け込むように静かな時を過ごしてください。
2. 湯治で、ほぐれる。

ほどよく身体を動かしたあとは、体を温泉で労わります。

六日町温泉は透き通った肌に優しい泉質です。ゆっくり浸かっていると身体が芯まで温まります。
体の血行が良くなり、凝りや疲れもほぐれていく変化も。

気持ちもさっぱりとしたら、羽を伸ばす準備が整いました。
3. 本と出会い、心に向き合う。

ご滞在中はryugonのライブラリーで心の赴くままに、目に留まった本を手に取ってみてください。
ゆっくりと流れる自分時間のおともに。
日常を忘れて、旅に出る時間は「心」にも必要です。

ライブラリーには歴史書や小説、旅行記など雪国にまつわる読み物も収められています。
フリースペースの和室「幽鳥の間」やラウンジの「かまくらソファ」など、お部屋以外のスペースでも気分を変えて過ごすことができます。
珈琲を片手に、自分だけの「龍言時間」に籠ってみませんか。
4. 朝日と過ごして、体を整える。

チェックアウトの12時までのんびりできるからこそ、朝の時間を活動的に過ごしてみませんか。
朝の光で自然と目が覚めたら、坂戸山の麓や近くの田んぼ道へ散歩に出かけましょう。
まだ朝露が残る早朝は、昼間とは違う情景が楽しめます。町はまだ静かで、山から、川から自然の声が良く聞こえます。

周辺の散策にはオリジナルの音声ガイド「POPGUIDE」を旅のおともにどうぞ。道案内はもちろん、地域の歴史についてレクチャーを聴きながら歩けます。

お部屋やガーデンラウンジでのヨガやストレッチもおすすめです。山に囲まれる南魚沼の朝は涼しく、体を動かすには心地よい環境です。だんだんと朝日が高くなり、草木も目覚めたように色を取り戻していきます。眠っていた身体に朝一番の澄んだ空気が巡り、体だけでなく気持ちも軽くなったようにリフレッシュできます。


まるでryugonの森と一緒に呼吸をしているような時間をぜひ体験してみてください。

いつもの日常から一息つける、もうひとつの自分の日常を見つける1泊2日の旅。
身体の変化を感じたり、ポジティブに気持ちを整える時間にもなるでしょう。

自然の中で体をほぐして、心と向き合う。1泊2日のパワーチャージ旅

【1日目】
12:00自転車に乗って雲洞庵までショートトリップ
14:00温泉で体をほぐす
15:00お部屋へチェックイン
16:00ラウンジで本を読む
18:00ご夕食 お部屋で軽めの和食重
21:00バーラウンジで晩酌 
【2日目】
6:00坂戸山や田んぼ道を散歩 朝日を浴びて過ごす
8:00朝湯治 体温を上げて目を覚ます
9:00ご朝食 炊き立てのごはんと滋味深いおかずをたっぷりと
10:00ラウンジでのんびり珈琲時間
12:00チェックアウト

Reservation

  • お部屋のご指定はできかねます。お部屋指定の場合は別途2,200円かかります。
    ご希望の方はお問合せメールにてお申し込みください。