エクスペリエンス

田舎体験

雪国の日常に触れる。体験する。手仕事に触れる田舎体験をしませんか?

田舎では夏には梅干しを漬けたり、冬は大豆を潰して打ち豆を作ったりと一年を通して手仕事がたくさんあります。季節問わずせっせと作業するおじいちゃん、おばあちゃんを見かけると、「あぁ、もうそんな季節なんだ」と感じます。雪国の暮らしにはそんな手仕事が受け継がれています。

田舎ならではの体験をご滞在中に手軽にできればと、体験プログラムをご用意しました。
故郷(ふるさと)に帰ってきたような、そんな気分を味わっていただける手づくり体験です。

おばあちゃんがいつもやっていた手仕事を自分もやってみたいという方
普段は時間がないけど、実は手づくりや丁寧な暮らしに興味がある方はぜひお声がけください。
スタッフがそばにいるので気軽に試すことができます。

「果実酒体験」 
旬の果実をお酒と氷砂糖で漬け込み、果実酒を作る体験です。
ryugonバーでは野草、草木、果実などの果実酒を仕込んでいます。
田舎の実家に帰ると、いつも台所の下の棚に入っていた果実酒。どこの家庭でも当たり前にあって、少し懐かしい印象を与えてくれる、おばあちゃん手作り果実酒を、今後はご自身で作ってみませんか?

体験後、果実酒の完成までは数ヶ月かかりますが、あなただけの手土産になります。
数か月後、旅の思い出を浮かべながら乾杯してください。


「手焼きせんべい」
新潟の餅米でできた薄焼きせんべいを、ラウンジの白い囲炉裏で焼くことができます。
焦がし方やしょっぱさはお好みに仕上げてください。少ししょっぱめの方が雪国テイストです。

せんべいを焼く囲炉裏の火にはじんわりと染みるあたたかさがあります。
おひとりで静かに囲炉裏に向き合うのも良し、ご家族やご友人と味比べをするのもおすすめです。

手作り梅酒作り体験

ryugonの入り口にある土間では、果実酒作り体験をしていただけます。
田舎では、時期になるとおばあちゃんがいろんな果実を使って果実酒を作ってくれますが、
その田舎の日常をお楽しいいただけます。
果実の処理からは時間のかかるものですが、ぜひ手間隙かけてお客様だけの果実酒をお作りください。
*夜の部ではryugon館内のバーにて開催いたします。

雪国のほっこり田舎体験 煎餅焼き

囲炉裏を囲んで煎餅を焼きながら冬ごもりのひとときをお過ごしください。

雪国の長い冬は、農業や外仕事は雪でお休みのため、家屋の中でわら細工や織物に勤しむ習慣が古くからありました。雪国の寒さと静けさの中、お家にこもる生活には人の温もりがあります。

煎餅焼きはご滞在中に館内で気軽に楽しめる手づくり体験です。

煎餅に甘じょっぱいたれをつけて、じわじわと熾る囲炉裏の火に載せて、焼けるのを待ちます。煎餅が焼けてくると、お米の香ばしい匂いが広がります。気がつくと、囲炉裏の火で身体が芯までぽかぽかと温かくなります。

暖かい囲炉裏で煎餅をひっくり返して焼く素朴な体験ですが、日常から離れた自分だけの時間を感じることができます。ご家族やご友人でお話しながらも、ひとりでじっくり向き合いながらもゆったりとした時間をお過ごしいただけます。

白い囲炉裏は、まるで真っ白な雪に包まれるような不思議な空間です。
フリースペースにあらわれた現代アートのようですが、「龍言」から受け継がれた木の柱は、かつて横木をはめていた「ほぞ穴」までそのままに残されています。その柱は、豪農の館が刻んできた時の流れを物語っています。

しんしんと積もる雪を眺めながら、暖かい囲炉裏で煎餅と向き合う体験をお楽しみくださいませ。

伝統わら細工 ぞうり/布ぞうり作り体験

雪国&米どころ・新潟県のわら細工



新潟県は昔から稲作が盛んであったこともあり、稲藁(いなわら)を使った様々なわら細工が盛んに行われてきました。今から70年〜80年前までは、雪に覆われる冬の期間に、各家庭で家族総出で稲藁使った草履(ぞうり)や日用品などを作り収入を得ていました。

今となっては作れる人は大変貴重になり、藁を使った工芸品を見ることは少なくなっています。
実際にぞうりを作るこのような体験も希少なものになってしまいましたが、手作業でみるみる履き物が出来上がっている様子は、生で見ると圧巻です。



地域のわら細工名人にぞうりづくりを教わる



本プログラムでは、そんなぞうりを地域のわら細工名人と一緒に作ります。

稲わらで作るぞうりと、カラフルな布で作る布ぞうり、どちらかお好きな方をお選びいただけますので、ご希望を備考欄にご記入ください。(作成するのはお1人様1足です。)

鼻緒や布ぞうりの布は、ご用意する布の中からお好きなものをお選びいただけますので、組み合わせ次第でオリジナルのおしゃれなぞうりもできますよ。

作ったぞうりは、夏に川や海などでサンダルとして履くこともできますし、ご自宅でのスリッパやインテリアとしてもご活用頂けます。
旅の記念に、オリジナルの手作りわらじを作りませんか?

ツアー要項

料金わらぞうり 12,400円(税込)
布ぞうり  13,000円(税込)
予約開催日4日前までの事前予約制
時間13:30~
(所要時間:2時間30分)

十日町のフォーチュンドール ”ちんころ” 作り体験

“ちんころ”とは?


十日町市民なら誰もが作ったことのある“ちんころ”は、米粉で作られたカラフルで小さなお人形です。
ちんころという言葉は“子犬”という意味で、子犬やその年の干支を模した形で作ることが多いです。

毎年1月頃に作られ家に飾られるのですが、米粉のペーストでできているので数週間で割れて壊れてしまいます。
この割れた破片が多ければ多いほど、縁起が良いと言われています。

ちんころ作りの文化は江戸時代から始まったと言われていますが、本来の由来はよくわかっていません。


この体験でできること


本プログラムでは、地域のちんころづくり名人に教わりながら、十日町の伝統工芸品ちんころを作ります。

伝統的な子犬や干支にこだわらず、お好みでアニメのキャラクターやマスコット、動物など、オリジナルのちんころを作ってみるのも楽しいです。

本体験ではお1人様あたり2個のちんころを作っていただけます。

老若男女問わず、誰にでも楽しんでいただける体験ですので、縁起物のちんころを、是非お土産に作ってみてください。

ツアー要項

期間毎週日曜・火曜・木曜開催
予約開催日4日前までの事前予約制
時間13:30~
(所要時間:1時間30分)

新潟の伝統食 「笹団子」作り体験

新潟土産の定番・「笹団子」



香り高い笹に包まれた、甘いあんこが入ったヨモギ団子の和菓子、笹団子。

笹団子は越後の武将・上杉謙信が活躍した戦国時代に開発されたと言われており、殺菌性に優れた笹にヨモギ団子を包んだ「携行保存食」が源流とされています。

当時は今のように甘い餡子ではなく日常的に食されていた煮物を餡として入れていたようです。

そんな古くから親しまれてきた笹団子ですが、今では作り手が少なくなってきており、特に蒸したてホヤホヤを食べることはとても貴著な体験です。


地域の名人から笹団子づくりを教わる



本プログラムでは、笹団子の作り方を地域の名人から教わります。

団子のこね方やあんこをキレイ包むコツ、そして笹と井草で団子を包むやり方等、地域の名人が丁寧に教えてくれるので、お子様から大人まで誰でも楽しみながら作ることができます。

使用する材料も、地元産を中心としたこだわりの食材を特別にご用意しています。

本体験では、お1人様あたり6個前後の笹団子を作成します。


新潟名物・笹団子をできたてで味わう



手作りの蒸したて笹団子の味は、きっと格別です。お店で買った笹団子とは違った味わいを感じられることでしょう。

笹団子は笹の殺菌成分により短期間なら保存できるので、旅行のちょっとしたお土産にも最適。
旅のついでに、新潟の手作り笹団子を是非体験&ご賞味ください。

ツアー要項

期間毎週月曜・水曜・金曜・土曜
予約開催日の4日前までの事前予約制
時間13:30~
(所要時間:2時間)

全てのアクティビティはこちら

Reservation

  • お部屋のご指定はできかねます。お部屋指定の場合は別途2,200円かかります。
    ご希望の方はお問合せメールにてお申し込みください。