ダイニング

雪国ガストロノミーとは

メインダイニングでは、雪国で食べ継がれてきた野の食材、民俗文化を今に伝える伝統料理などをベースにした雪国ガストロノミーをご用意しています。お食事の時間を通して、雪国の暮らしや食文化を感じていただけるよう心がけています。

素材のこだわり

雪国ガストロノミーは、山菜やきのこといった山の恵みや発酵食品、雪室(ゆきむろ)で保存された野菜など雪国の暮らしに欠かせない食材を中心にした料理です。
旧龍言の伝統を受け継ぎ、炭火焼、立焼をその場で提供できるように、レストラン中央部に囲炉裏を配しています。ディナータイムには、旬の素材を職人がじっくりと焼き上げた肉や魚を提供いたします。地元産の日本酒やワインとともにお楽しみください。
朝食は、精米したばかりの魚沼産コシヒカリを炊きたてで提供いたします。新潟のおいしい旬の食材とともにお楽しみくださいませ。

シェフの紹介

桑名宣晃


静岡県修善寺町出身。実家が駅前で食堂を経営していることもあり、10代から料理人を目指す。都内の割烹などで修行した後に南魚沼へ移住。2007年から越後湯澤 HATAGO井仙の料理長として、革新的な料理を生み出している。2019年、ryugonの総括料理長に就任。

コース料理内容と料金

雪国ガストロノミーコース

通常コース(全9品)8,000円
新潟和牛とのどぐろ焼きコース(全9品)13,000円
ベジタリアンコース(8品)7,000円

Reservation

  • 5月1日(金)より予約サイトをリニューアル致しました。
  • 4月30日(木)以前にご予約頂いたお客様はご予約内容、変更、キャンセルは電話またはメールにて直接お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。